〇 りらのたまご 〇 

主にゲームの感想を駄弁る日記。最近はファルコムゲーの沼にドボンヽ( ̄▽ ̄)ノ※コメントは一身上の都合により受付停止に変更させていただきました。
主にゲームの感想を駄弁る日記。
最近はファルコムゲーの沼にドボンヽ( ̄▽ ̄)ノ
※コメントは一身上の都合により受付停止に変更させていただきました。
デリケートに好きして。

デリケートに好きして。

定期的にドッと押し寄せてくる、
それはもう忌々しいとしか言えないメールがこの世にはある。
そして今回その内容にこれはもう迷惑を通り越した、ただの悪意だと感じた。


自分と同じ性別で、
自分と同じ名前で(※しかも本名の方)、
自分と同じ年齢で、



そのたった一つの項目だけが違う、簡易プロフィール。



これはなんだ、一体何なんだ。D、だと……?
BからAにカップダウンした私に対する嫌がらせか…!!!



一昨日、夕食を終えてからでしょうか。
体操座りをしながら母ゆっさんを、ずっと凝視していました。


PCを使い始めて早何年。
未だに両手の真ん中の指でしかキーを打たないゆみさんです。


親バカならぬ子バカでしょうか、
本人には言いませんが真ん中の指だけで打ち込む姿は秘かに可愛いと思う。


だが今回はそんなのはどうでもいい。
私が見ているのはその巨乳だ巨乳!


服を着ててもわかるその膨らみ、言わば大山!
自分なんざ申し訳程度の…小餅並みな小山で、

しかもうっかりワンピースなんて着ようものなら、
まな板レベルのストーン具合なのに…!!!orz



そして一番救えないのが、
まさに自分の服はワンピース系が多いということです。



あれこれとコーディネートしなくていいという点を大重宝し、
大抵そっちを選ぶ。あとはアンサンブルになってる服とか?


二十代半ばに差し掛かろうかという女がそんなことでいいんだろうか…と偶にちょっと思うが、まぁ…一人ぐらいそんなのが居てもこの世の中に差して迷惑は掛けないだろうし。



しかし何故あの山の半分が自分には無いのか――…



贅沢は言わない、5分の1でもいい。
巨乳から生まれても巨乳にはならないというのはわかったが、
こうも母子で極端なカップサイズというのはこれ如何に。


そもそも自分は90%父親似である。顔といい性格といい…
滅茶苦茶なところは母親そっくりだと言われるけれど(父談)
うちの家系は大抵女性陣皆、滅茶苦茶な傾向にあるしなぁ…


まわりの贅肉を掻き集めてカップに入れ、
そして「お前は胸だ」と洗脳していく方法もこの世にはあるらしいですが。 なかなか洗脳されてくれないこの頑固な身体の場合、どうすれば…orz


下半身から胸へと贅肉移動って出来ないのかなぁ…
脂肪って下から上に上昇していったりはしないのか。
素質の問題かな…? 自分の両の胸に手を置きながら、ガクリ。



父「いいじゃん、パパよりはあるだろ」



お心遣いは有難いが、よっさんよりあった所でそれが一体なんの慰めになるというのか。お相撲さんが何カップなのかは知らんが普通に負けてるんだよ!?







そしてここからはちょっと生々しい(?)話です。
年齢が年齢なので寧ろ普通じゃと思われる可能性もありますが、
自分からしたら生々しい類の話ゆえ先に一つ注意をいれておく。


ブログだし、あくまで自分個人の考えや思いゆえ、
読まれる御方はどうぞ深く考えて読まないで下さい(特におなご)
人は人、自分は自分と割り切って考えて読める人のみどうぞ。















ananという雑誌を御存知でしょうか。
自分は名前ぐらいは聞いたことあるなぁ…程度だったんですが、
なんだろう…その雑誌に剛(※某SM●P)でも出てたのかな?
母親が読んでたのです。だがその雑誌は、なんというかその…



アッチ系の雑誌でして。(※普通のもあるらしい)



訊けば友達から頼まれて購入したとのことで、
まぁ…確かにそんな表紙の本を羞恥心無く買えるのはゆっさんぐらいだろうな…と、ちょっと失礼なことを思いながら納得したわけですが。問題はその後です。


その雑誌に付属されていたDVDを、
こともあろうか一緒に見ようと言いだしたのです。



母「もう何歳だと思ってんの。少しはこういうの勉強しなさーい」
莉「ぐっ… ……2+4は6才だ!大体そんな知識要らない!」



自分にはそんなの(今の状況考えても)必要無い。皆無だ。
そんな知識入れるなら資格の知識詰め込む方が余程有意義!



何にも増してもう、
恥ずかしいやらなんやら……orz



そんなもの見たくも無い、
ましてや母親と一緒にそれを観賞?!
尚も言い募る母親に、子ども染みた最後の切り札を行使した。



莉「くどい!これ以上そのこと言うならパパに全部言うからね!」



我ながら最後の切り札がそれかー!…と思いながら、
そう叫んでとっとと部屋へと退散したわけですが……。
(※喧嘩じゃありませんのでアシカラズ。険悪な空気は一切無し)


まぁ…毎日何かしらよっさんに怒られてるゆみさんなので、
言ったところで痛くも痒くも無いんだろうけどね…(遠い目)


めげないこりない諦めない、
そして人の話を聴かないおっかさんなので…
よっさんだけが瞬間湯沸かし器と化している。心配だ、血圧が。


両親からはことあるごとによく、
「○は昭和の人じゃ無い。大正…いや明治の人だ!」
――と言われます。



なんか色々と古いんだそうです。
考え方もそうだが使う言葉とか。


そもそも私と母親の貞操観念は多分、絶対違うと思う。
今までそういった話は一度もしたことが無かったのであれですが、多分自分の方が古いんだろうなぁ…



好きだったら相手に求められたら嬉しいし、
触って欲しいと思うものなのも、よくわかる。
好きになると自然とそういう気持ち、湧くもんね。


そういう行為を悪い行為だと思ってるわけでは無いんです。
自分だってその行為で生まれてきてるわけだし。


子どもは授かりものだとかなんとか言われてるので、
昔は同衾して神様がまぁ…この人達だったらよかろうぞ、的な?
そういった感じで子どもを身ごもるんだ……と思ってたけれど。



現実って残酷だよね……、本当。



子どもながらにちょっとショックを受けた当時です。
如何に自分がメルヘンな世界にいたかがよくわかった(凹)


まぁ…そんなメルヘンなことを普通に信じてた昔は兎も角、
後ろめたくなるようなことだと思ってしまう気持ちもありまして。


あと、彼氏彼女という不安定な間柄ではしたくない。
すごくその……不安定な足場だと自分は思うのです。
その行為が愛情表現の一種であるのもわかるんだけど…



ずーっと昔だけど高校の頃かな?男友達とそういう話になって、
「でも身体の相性も大事でしょ?」…的なことを言われたんですが、未だにそれを考えると「う〜〜ん…」ってなる。



即、否とは言えない。



けれど確かに考えようによっては大事なような気もするけど、
でもそれを第一には正直、考えられない。あくまで私はです。


付き合って、身体の相性が悪かったらそれで別れるの?
別れてまた誰かと付き合って、そしてその……繰り返し?



嫌だな、って思った。
その友達に対する嫌悪感とかそういうのじゃ無くて、
自分は無理だ、嫌だって思った。



閉鎖的な人間だからこんな考えなのかな。
そういう行為は一人の人としかしたく無い。


こんな考えもしかしたらおかしいのかもしれないけど…
もしずっとそう想えるにたる相手がいなかった場合は、
もう、それはそれでいいって思ってる。



人それぞれ価値観も違うし、
別に身体の相性は大事って考えの人がいてもいいんです。


年々「ハジメテ」も若年化してるそうだし、
多分そういう人の方がきっと多いんだと思う。


でも、正直母親に言われたのは痛かった。
そういう知識も養えぐらいの言葉なのはわかってるけど、
それでもなんか、一度考え始めたらこういう自分駄目なのかな…って。



かといって内容が内容なだけに、
友達に相談するのもまた憚られる――…



そもそも自分から誰かに相談したこと無いしな…orz
が、丁度その時ネット上ではありますが遭遇した故、
うわぁぁあんっと二歳上のMりんに泣き付きました。



こういう話だと言葉選びが殊更、難しくて。
口下手なのもあるけどどうもこう… 怖いのです。


相手にうまく伝わらなかった場合、
真っ向から相手のこと否定するように聞こえちゃいそうで。


人それぞれ考え方が違うのなんて当たり前なんだけど、
それ故にズガーンと胸にきたり、させたりする事もある。



誤解って必ず解けるってもんじゃ間違っても無いから。
嫌わないでいてくれる保証なんて、どこにも無いから。



いつもみたいに只管、自分で悩みに悩んで自己完結して、
よし終了…って出来ればなんてことの無い話なんだけど、
今回はそれが出来なかった。いつもの自分はどこ行った?



私も血に縋ってるのかなぁ…