〇 りらのたまご 〇 

主にゲームの感想を駄弁る日記。最近はファルコムゲーの沼にドボンヽ( ̄▽ ̄)ノ※コメントは一身上の都合により受付停止に変更させていただきました。
主にゲームの感想を駄弁る日記。
最近はファルコムゲーの沼にドボンヽ( ̄▽ ̄)ノ
※コメントは一身上の都合により受付停止に変更させていただきました。
射止めよ乙女。

射止めよ乙女。

夜も更ける午後22時過ぎ。
下の階から微かに聞こえる猫ふんじゃったに耳を傾けつつ、
あれはまだ体調本崩しに入る前の――…何か月前だっけ?


取り敢えず昨年のことなんですが、これから書く内容は私が初・新ジャンルのゲームに手を出した!…という旨のものです。


さて、私がその初・新ジャンルのゲームに手を出したのは、
多分誰かしら一度は耳にした事があると思う「キミとナイショの…♪」を謳い文句にしてた某CMを見たのが事の発端でした。



最近は見なくなりましたが一時期本当にすごくてね〜…orz



特に夜はCMが入る度に流れてて、「この後輩君は先ずナイな…」とかそんな酷いことを思いながら見ていたんですが。


莉「こういうのって面白いのかなぁ〜…?」
母「○もこういうのしてみたら?GREEって無料なんでしょ?」
莉「ん〜……そうなんだけど、でもねぇ…、相手は男だしね〜…」


今考えれば「逆は結構面白かったんだけどなぁ…」なんて、
このとき零したのがそもそもいけなかったような気もする。


母「………逆?」
莉「うん。ほら、これは男キャラを攻略する感じのあれでしょう?○が借りてプレイしたのはこれの逆で女キャラをこ――」


因みに自分は親族との会話では一人称・自分の名なんですが。
うっかりその場に友達とか第三者がいた際、「ゆ……私」と、
弱冠妙な間があいたりあかなかったり。アハっ(*´Д`*)


と…そんなことはどうでもよくて、
娘はひどく母親に心配されました(まぁ冗談ぽかったけど)


元々一般の女性よりそういう男性に対しての興味が薄い(らしい)というのも災いしたのかもしれませんが、だからってねぇ…  


22年間生きてきたけど同性に恋愛感情なんざ一度も抱いたこと無いし、当然のことながらキャラクター相手に恋慕したことだって無い。せいぜいこの作品ではこの子がいいなぁ…ぐらいの気持ちなのに。


母「どうせやるなら男相手のゲームにしなさいな(笑)」
莉「ぶぅ…わかったよ…、じゃあやってみましょうかね」


何事も経験ってやつですな〜…と携帯を片手に善は急げ。
早速GREEに潜入し、ゲームの一覧をしげしげと物色。


あんまり細かにする程の意気込みは無いからノベル式の……チケット制?いやいや…プレイ後の48時間後とか、私それもう絶対忘れちゃって放置だろう……


莉「う〜〜ん………しっかし攻略出来るのかなぁ…?」
母「んー?」
莉「いや女の子相手のは相手が同性だからか割とサクサククリア出来たけど……」


しかし今度の相手は野r――いや!男なわけで。
男心が塵ほどにもわからない自分にハッピーエンドなんて迎えられるかのだろうか… ………バッドエンド無しのやつとか、ないかな?(おぃ)


それは兎も角GREEは女性ユーザーが多いんだろうか。
シミュレーション項目で探した結果ほぼ乙女ゲームだった件。


そして物色すること数十分!遂にバッドエンドなる項目ナシ!
しかも毎日一話更新制という、自分にとっては都合もいい…!
蓋し――、



幕末志士の恋愛事情』というゲームをプレイすることに!



同じ会社のやつかな?
他にあと執事ものが二つあったんですが、執事はなぁ……
正直傅かれるのが大嫌いな自分にはあまり好ましい設定では無く(いや多分話が発展していく内に変化はあるんだろうが)


これでお嬢様とか言われた暁には――……


まだ一年も経ってない内に携帯を自ら壊すわけにはいかぬ。
よって執事ものは×。傅かない執事がいたらするのになぁ(←)
恭しくされるのは嫌い…( ◢д◣)


というわけで幕末志士の恋愛事情こと、略して幕恋ですね。
ターゲットは人斬り(…が代名詞なのか?)岡田以蔵…!

見た感じで言うならば自分は武市先生が好みなんですが…
内面というか性格は以蔵が好みでして…(ごにょごにょ)


好きな食べ物は最後に残すが、
好きなキャラは真っ先に攻略する性分な自分。
何故こうも矛盾しているのか――…人間って面白いよネ!

そうしてその日から毎日一話ずつコツコツ進め、
攻略対象の以蔵には怒鳴られたり怒鳴られたり怒鳴……あれ?
なんかずっと怒鳴られてるような…? 


…………。
…………………。



やっぱり私に男心なんてわかるわけないんだぁぁああッッッ



あ、でも待てよ……これバッドエンド無いじゃん、確か!
――だがしかし、この時私は気付いていませんでした。


名前がバッドエンドと書いて無いだけで、
結末はそれに近いものだったのです…orz



うん、最終話…、………滅茶苦茶号泣しました。



ほろりときたゲームは今までにも何個かありましたが…、
携帯ゲームで号泣するとはまさか夢にも思っていなかっただけに、自分自身に「えぇ?!Σ( ̄□ ̄;)」。

泣きながら泣いた自分に驚くという稀有な体験をすることに。
いやでも本当、他のキャラはしてないからわかんないけど以蔵は泣けた…orz 


花の終幕は課金制だからなぁ…
自分が迎えたのは花・月・風の三つのエンド内の月の終幕で、
聞けば風の終幕は月よりもかな〜〜り切ないENDだそうな。


切ないのは幕末時代ものの御約束なのかなぁ…(遠い目)


今自分が初購入したいと思ってるゲームも幕末ものなんですが、それもなんというか周りの評判的には乙女ゲームなのに切なすぎ…!――らしく。(アニメは見たけど自分はちょいイマイチだった;)


なんだろう?
幕末=切ない的な式が自分の頭の中には出来つつある。


幕恋の場合、現代の子がタイムスリップという時点で最後というか……結末はなんとなく察することが出来るんですが、……犬夜叉の場合は見事に予想が外れたからなぁ…



言うなれば犬夜叉で予想していたENDが以蔵のこの月の終幕でした。



――しかし、生まれ変わりか……
なんか考えたらよくわからなくなってきた(凹)
いや、転生ものも嫌いじゃないんですけどね。


たとえ生まれ変わっても、
その人は嘗ての「その人」ではもう無いわけで。
その人の魂であるならばそれでいいんだろうか?


お互いが前世の記憶アリならばまぁ…
それもアリかな?とも思えるけれど…
そうじゃ無い場合、例えば片方だけとかさ……orz



考えただけでもうなんか、
「。゚(゚ノД`゚)゚」ってなるのは私だけでしょうか…?



前世の記憶とか自分にも少しでもあったらいいのに…なんて今までは思ってたけど、いやいやいや。無くてよかった…orz 


記憶がある状態で嘗ての縁深い人(こっちには記憶が無い)が傍にいたりでもしたら、……また一緒に在ることは嬉しいだろうけれど、きっと悲しくなると思う。


まぁ……、


本来なら魂が同じだとか言われてもやっぱりそれはそれ、
魂なんぞは目に視えるものじゃないからわからないし…、
第一、



そもそもが姿だって前世と同じな筈は無いような気がするけれど…



うぅ……思い出したらまた目から汗が…orz
また調子が戻った暁には風の終幕も見てみたいけど、
あれ以上に切ないってちょっとおおおおぉおおおっっ


しかしゲームって高いな…( ◢д◣)
シリーズもんだから三つ合わせたら二万越しちゃうよ…
というより買ってもPS2用だとなぁ…不便すぎる(凹)

中古で安くなるまで待とうかな〜…
初ジャンルで総額二万は痛ひ(涙)