〇 りらのたまご 〇 

主にゲームの感想を駄弁る日記。最近はファルコムゲーの沼にドボンヽ( ̄▽ ̄)ノ※コメントは一身上の都合により受付停止に変更させていただきました。
主にゲームの感想を駄弁る日記。
最近はファルコムゲーの沼にドボンヽ( ̄▽ ̄)ノ
※コメントは一身上の都合により受付停止に変更させていただきました。
Bad Habit?

Bad Habit?

遠近の有無とは、あらゆるところで問題になる。
今回の場合、他県では無いんだ。取り敢えず県内、福岡ではある。あるんだけど――、



やっぱりちょっと…、遠すぎやしないか…? と。



ひとつだけ、心惹かれる求人があり。


その自分がいいなぁと思った求人は、
大きな分類でわけると接客なのか事務なのかよくわからない、
整体師の補助をするといった仕事内容の求人なんですが――


問題は冒頭にも書いた通り距離がとても遠く、
そのうえ交通費が一切出ないという点のみ。


多少は出て、それでも足りないというのならまだいいんです。
が、一銭も出ないとなると稼いだところでほぼ手持ちが…orz
そこまでの距離じゃ無ければまだ可能な範囲なんだけどなぁ…



―――折角心惹かれる仕事が見つかったのに…orz



基本的に仕事を探す上で仕事内容はあまり問題視していなかったのですが、整体と聴いて目の輝きが8割増しに変わりました(マテ)


確かに希望としてはコツコツ黙々とやれる事務だけど、
接客も(ストレスはかなり溜まるが…)楽しかったゆえ、
比較的どちらでも構わないというのが専ら自分の意向。



やってみたら案外出来るものかもしれない、と…
そう思うことが北海道の掛け持ちを経験して出来たので。



性格柄、接客を苦手視していましたが今はそれももう皆無。
相変わらず性格は人見知りなのに不思議なことです(´・ω・`)
仕事だと性格ががらっと変わるからだろうか。
ある意味二重人k(ry


蓋しいつも求人を見る時の条件は場所、労働時間、給料(交通費も含め)だったわけですが。やっぱりどこかで妥協しないと、就職なんて無理なのかなぁ…orz


なんかもう色々わけがわからなくなった。
北海道に居た頃は福岡に帰還したら就職活動(正社員として)をしようと考えていたけれど――


色々考える。
個人的にはやっぱりちゃんとした正社員として働きたい。が、
それに集中するとどうしたって色んな面から考えて、厳しすぎる。


カタチ(正社員とかパートとか)を気にせず、
取り敢えず「働いて生活が困らない程度稼げればそれでよし!」スタンスで行くべきか。



けどそれって「今」だけに目を向けて、
「先」のことを考えて無いような気もするし……。



逆に今が無ければ先だって無いだろ、と思う自分もいる。
実家暮らしといえどパートやバイトならまた掛け持ちしないと厳しいし、あぁもう……苛々するというか気持ち悪いというか、頭が痛い。もうそのテの話が出るだけで気持ちが滅入る。






―――焦ってるんだと思う。






なんとかしなきゃいけないのに思い通りにいかない、
自分の方向性がわからない。


元々地理にしても自分の気持ちにしても方向音痴だけど、
なんだかなぁ……


どうするのが自分にとって一番ベストなのか、
なんかもう……わけがわからなくなってきた。


というわけで昨夜……もう一昨日か。
自棄酒とばかりにまたしてもほろ酔いを呷り、早い時間からベッドにダイブ。全てが嫌になった時は寝るに限る。






























相談したくたって、こんなこと誰にも相談出来ないし……
結局のところ、なんであれどっちみち自分一人で考えて、
そして結論を出すしかない。


Hさんには「それは○○さんの悪い癖」って前に言われたけれど、だって……そうじゃない?


周りは自分と同じ立場じゃ無い。
同じ立場じゃ無いからこそ見えることもあるけれど、
同じ立場じゃ無いからこそ理解出来ないこともある。



こんなこと相談されたって、辟易するだけ。
頑張ってる人に、こんなこと相談出来ない。




思わず零したことに、後悔した。
御酒なんて呑まなきゃよかった。


酔った勢いで要らないことまで言い過ぎた。
ただ「残念ながらまだ」って、そう一言だけ言えばよかった。


悪い癖だろうとなんだろうと、
私には周りが引き出してくれたことを除けば、
自分から相談して言ってよかったなんて思えた事は殆ど無い。


正直に自分から「聴いて」って言ったわけでは無いけれど…、
……今回だって、そうだと思う。



それとも、
私が相談したいって自分からちゃんと言ったら、
また反応は違った?




……辟易されるぐらいなら、
始めから自分一人で考えた方がずっといい。











私にはそんな風にしか思えないよ…、Hさん。